カレンダー

2019年 6月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別の投稿

コンテンツ

  • 気になる判例
  • お役立ちコンテンツ
  • 田中喜代重ブログ

田中喜代重弁護士による交通事故相談室

キヨシゲの法律ナビ/「法律掲示板」に投稿された中から、キヨシゲ先生自身がみんなの相談にお答えします。

弁護士費用のご案内

弁護士の選び方 弁護士がオススメする法律事務所

相続相談弁護士ガイドに取材を受けました

ブログ

白い恋人と面白い恋人(札幌地裁、平成25年2月13日和解)

2013年5月6日7:19 PM.

「白い恋人」を製造販売している石屋製菓が、「面白い恋人」を製造販売している吉本興業らを相手に「面白い恋人」の製造販売中止等を求めて提訴した事件で、判決ではなく、平成25年2月13日、札幌地裁で判決前の和解で解決したという事案。
ことは、このブログでも何度も、紹介しました。
和解の主な内容は以下の通り。
①吉本興業らは、本年4月1日を目処に、「面白い恋人」のパッケージデザインについて「白い恋人」と誤認混同の恐れがない内容に変更する。
②吉本興業らは、「面白い恋人」の販売地域を、近畿6府県(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県及び和歌山県)に限定する。 但し、北海道及び青森県を除く地域において、年間36回を上限とした期間1か月以内の催事での販売は例外とする。
③商品名の「面白い恋人」はそのまま使用してよい、本和解に伴う吉本興業らから石屋製菓への金銭支払いはない、
「面白い恋人」は誰が見ても「白い恋人」のパクリであることは明らかであるにもかかわらず、「面白い恋人」の継続使用を認めたことや吉本興業らからの金銭支払いがない点、そして販売地域についても関西限定とはいうものの一定の例外があること等から、石屋製菓側が相当譲歩した内容になっているという印象を受けた。

≪ BACK